エイジングケア

エイジングケアのためのマメ知識

投稿日:

エイジングケアのためのマメ知識をご紹介してまいります♪ 年齢肌で気になるのはどのような悩みでしょうか。

・シミ
・しわ
・たるみ
・毛穴の開き
などでしょう。

【紫外線の影響】

どれにも大きく関わっているのが紫外線です。紫外線を浴びた時に怖いのは日焼けやシミだけではありません。

紫外線は肌を乾燥させ、真皮の奥まで届いて繊維芽細胞という細胞にダメージを与えます。この繊維芽細胞というのは肌の弾力を保つために必要な、
・コラーゲン
・エラスチン
・ヒアルロン酸
などを作り出すという大事な役割があります。

真夏でなくても紫外線対策は必要です。春や秋は涼しいからといって、つい日焼け止めを塗らずに外出してしまうことがありますが、そのダメージが少しずつ蓄積されて、数年後にしみやシワとなって現れるのです。

【姿勢の悪さ/筋肉の衰え】

意外と盲点なのが姿勢の悪さです。1日どのくらいの時間、スマホを見ていますか?スマホを見る時にずっと下を向いていると、猫背になり、顔を突き出すような姿勢になっていることとが多いのです。

そしてスマホを見ている間は無表情ですよね。人と話すことも無くひたすらスマホの画面ばかり見ていたら、表情筋は衰え、姿勢の悪さも手伝って頬が下に引っ張られ、たるみやほうれい線の原因となるのです。

【肌の乾燥/睡眠不足】

加齢によって肌の潤いがなくなってくること、また睡眠不足で肌のターンオーバーが乱れ、新しい肌が作りにくくなってくることも、シミやしわ、たるみの原因です。

加齢による肌悩みの解消には、とにかく保湿!潤いが何より大切です。そして、成長ホルモンの分泌を促して肌の新陳代謝をよくするには、質の良い睡眠が必須。夜更かしばかりしていたら、年齢肌は加速する一方です。

【たるみやシワなどの解消法】

年齢を重ねるほどに肌の悩みは増えていきますし、その原因も一つではありません。なにからやったらいいのか迷ってしまいますが、まずはライフスタイルの見直しから。

・日焼け止めを忘れずに、紫外線対策はしっかりと。
・よく眠ること。
・保湿対策をしっかりすること。
・姿勢を正しくすること。
・表情筋を鍛えること。
・たんぱく質やビタミン、ミネラルなど、バランスの良い食事を心がけること。

これらの対策をしっかりした上で、自分の肌の状態にあった化粧品を使っていくことが大切です。20代の肌と40代の肌は違いますし、必要とする化粧品も違うんです。

その年代にあったケアをすることで、シミやしわなどの悩みを改善していけるでしょう。

-エイジングケア

Copyright© 女性用育毛剤ランキング , 2019 AllRights Reserved.